しばろぐ。

旅行好きなたまご顔主婦しばのブログ

飲食店の本日のメニューに隠された秘密

スポンサーリンク

飲食店でのメニュー選び

f:id:shibalog:20181016112046j:plain

 

 

友人や家族との外食、とても楽しいですよね。

美味しい食事やお酒は会話もさらに弾みます。

飲食店によってメニューはもちろん様々なものがあり、十人十色で違いますよね。

でも、実は共通する部分もあるのです。

本日のおすすめメニューは本当におすすめなのか?

居酒屋さんなどの飲食店でよく見かける「本日のおすすめメニュー」。

日替わりメニューなので、消費者側もいつものメニュー以外があるほうが飽きなくていいと思います。

ですがお店側から考えると、本日のおすすめメニューというのは、多く仕入れてしまって早く使ってしまいたい食材や、賞味期限が近くて早く売ってしまいたい「売りたい事情があるメニュー」を本日のおすすめメニューに載せることが多いので、実は鮮度があまり良くない場合もあったりするので本当のおすすめとは言えないかもしれません。

もちろん全部の飲食店がそうだとは言いませんし、うちの本日のおすすめメニューはそんな考えで作ってない!本当におすすめだ!というお店だって沢山あると思いますが、「売りたい事情があるメニュー」を売るのに向いているのは確実に本日のおすすめメニューなのです。

逆にいえば「売りたい事情があるメニュー」は早く売ってしまいたいので価格設定も安価にしている可能性があるのでお得に注文できる可能性もあります。

本日のおすすめメニューにはそんなお店側の色々な事情があるので、そこに食べたいメニューが書かれていれば別ですが、本日のおすすめメニューだからといってわざわざ注文しなくてもいいかもしれません。

f:id:shibalog:20181016112043j:plain

お店側の事情があるメニュー

日替わりランチは賞味期限が近いものや大量に余っているものを使うこと等、お店の事情が絡んでいることが多いのであまりおすすめできません。

「シェフの気まぐれサラダ」や「季節の野菜を使った~」等のメニューも、響きは良いかもしれませんが決まった食材ではなくその時お店にある野菜で作れるので、売れ残っている食材を使うことができてしまうのでお店側の事情で左右されるメニューなので当たり外れがある可能性が高くなります。

その店が推しているメニューはここ!

飲食店が自分のお店で一番売りにしていたり、推しているメニューはやっぱり消費者側が一番目にするところに書きます。

なので一番最初や一番左端に書かれていることが多いです。

初めてのお店に行ったときにそのお店の鉄板メニューを頼むならその場所を見てみてください。

まとめ

何度も言いますが全ての飲食店がそうだとは言っていませんのでご注意ください。

可能性がありますよ、という話でした。

飲食店に行ったらメニューを注目して見てみると面白いかもしれません。