しばろぐ。

旅行好きなたまご顔主婦しばのブログ

韓国・釜山の南浦洞エリアの格安おすすめホテルはここ

スポンサーリンク

釜山の一番の繁華街、南浦洞の格安おすすめホテル

f:id:shibalog:20181109121907j:plain

今回の旅行ではリーズナブルな旅をするのが目的だったので、立地が良くてお値段が安いホテルを探しました(*‘ω‘ *)

口コミも良くて立地が良さそうなホテルノア Hotel Noah を見つけたのでチャチャっと予約。

便利な世の中ですねえ。

今回はエクスペディアでホテル予約しました。

1泊5000円台で予約出来ました。

海外のホテルは人数ではなく、1部屋いくらで値段が決まってる国がほとんどなのでいいですよね!(^^)!

日本も人数じゃなくて1部屋いくらという設定に変えてほしいわ(*‘ω‘ *)

最近海外行くときはTripAdvisor を見て口コミもよくチェックしてからエクスペディアで大体ホテル予約してます。

エクスペディアはよく50%オフなどのセールがやってたりするのでおすすめです('ω')ノ

金海空港から南浦洞まではリムジンバスで一人6000₩(600円)で行けます。

リムジンバスは空港のgate3から外に出てすぐ右に歩くと停留所があり、2番が釜山市内行きになっています。

f:id:shibalog:20181109121917j:plain

南浦洞、西面方面に行きたい方は海雲台方面に乗らないように気を付けましょう。

車内のアナウンスは日本語で次の降り口のアナウンスがあるので韓国語がわからなくても大丈夫だと思います。

40分ぐらいで南浦洞に到着。

わりと時間かかりました。

タクシーもそんなに高くないことを旅行中に知ったので帰りは南浦洞から空港までタクシーに乗りました。

15000₩(1500円)ぐらいなので2人ならバスとそこまで値段変わらない('ω')

南浦洞に到着してホテルノアにチェックイン。

f:id:shibalog:20181109121549j:plain

最初わかりにくいけどコンビニのすぐ左がホテルノア Hotel Noah です。

ホテルノア Hotel Noah に向かうのに南浦洞にあるということ以外なにも調べてなくてWi-Fiルーターも持って行ってなかったので調べられない( ̄▽ ̄;)

もう少し調べとけばよかったと思いつつ観光案内みたいな場所があったのでそこにいたおじさんに「ホテルノアはどこですか?」と聞いたのですが「ホテルノア?」と、住所を見せてもあまりわかってない様子。

そうこうしてるうちに「あー!ノアホテルね。」と場所を教えてくれました。

ホテルノアじゃ伝わらなくてなぜかノアホテルで逆さに言うとわかったらしい。なんで?(*‘ω‘ *)

そしてその案内所から道路を渡ったかなり目と鼻の先にありました。

聞かなくても自力で辿りつけるレベルでした(;'∀')

f:id:shibalog:20181109121539j:plain

ホテルノア Hotel Noah 側から見るとこんな感じ。

この道路を渡ると大きい繁華街です。

ホテルはエレベーターもあるので重い荷物でも安心です。

f:id:shibalog:20181109121510j:plain

お部屋はお値段の割には広くて快適でした。

f:id:shibalog:20181109121520j:plain

バスルームがすりガラスでうっすら見えるので友達同士や付き合いたてのカップルで泊まるのはちょっと抵抗あるかも。

f:id:shibalog:20181109121530j:plain

景色は残念でしたけど今回の旅はホテルは寝るだけって感じなので問題なしでした。

チェックイン時、日本語のできるスタッフがいたので日本語しか話せなくても大丈夫だと思います。

フロントの方は好印象の方ばかりでした。

朝食は期待できない

無料で朝食がついていたのですが、二日とも同じメニューだったので二日目は食べませんでした。

バイキング形式です。

f:id:shibalog:20181109120948j:plain

カレーは美味しかったのですがご飯がモチ米のような感じでべちゃっとしていました。

f:id:shibalog:20181109120938j:plain

立地は繁華街にもチャガルチ市場などにもとても近いのでかなり良いです。

ちょっと疲れたらすぐにホテルに戻ってこれる位置にあるので南浦洞に泊まる予定の方におすすめです。

では良い釜山旅行を(^^♪

こちらの記事もおすすめです↓

 

www.shibaemon-blog.site

www.shibaemon-blog.site

www.shibaemon-blog.site

www.shibaemon-blog.site