しばろぐ。

グルメ&美容&旅行などの雑記ブログ。長野県東信のネタ多めです。

オカメインコの一人餌切り替えが大変だった話

スポンサーリンク

 

うちのオカメインコ・ルチノーの雛のりんごちゃん、やっと完全一人餌に切り替わりました。

現在生後二ヶ月とちょっと。

一応早めに切り替えられたほうなのかな?

f:id:shibalog:20190714195746j:plain

ムチムチと育っております。

オカメインコの雛・一人餌奮闘記

まず、まだ生後一ヶ月も経っていないそろそろ一人餌練習かな?ぐらいの頃に乾いた粟玉を新聞紙の上にキッチンペーパーを敷いたプラケースにばら撒いていたのですが、餌と認識しないのか、全くつつきもしませんでした。

f:id:shibalog:20190608102720j:plain

口を開けてジャージャー鳴いています。「餌を口に入れてくれー!」といったところでしょうか(^^;

とにかくスプーンからしか食べない。

そんなわけで困り果て、こんなものを購入してみました。

f:id:shibalog:20190630143805j:plain

粟の穂です。

これをハサミで短めにカットして、プラケースに入れてみるとつっついた!

遊びでも何でもいいから餌に興味を持ってほしかったので、これがふやかした挿し餌以外の興味のきっかけになった気がします。

でもやっぱりばら撒いている粟玉にはあまり興味がないようです。

そして次に購入したのがおかめのセレクトミックス!

ヒマワリの種やら、なんやらいろいろ入っている。

この中に入っていた薄茶色のぺったんこの種を与えてみると食べ始めたーΣ(・ω・ノ)ノ!

それから好きそうな柔らかめの種を選んで与えていましたが、なぜか手に種を持っててあげないとうまく砕けないらしくて一人だと全然食べない( ̄▽ ̄;)

それから二週間ぐらい朝と夜は挿し餌を与え、お昼は種を手から与えていました。

めっちゃ手がかかる!

でもまあ雛の時だけなので根気よく続けました。

挿し餌を完全にやめる

ある日、挿し餌をあげている容器を持っているとピイッと鳴きながら飛んできました。

そこで、この容器からなら乾いた餌を入れても食べるのでは?と思い、次の日からふやかすのをやめ、挿し餌用の容器からスプーンで乾いた粟玉を口元に持っていってあげると、ちまちまと食べ始めたのです。

その後もジャージャーと、「ふやかした柔らかいやつが食べたーい」と言わんばかりに鳴いていましたが、乾いた粟玉を与え続けました。

f:id:shibalog:20190714195839j:plain

とにかく甘えん坊で、鳥かごの中ではあまり食べないので、決まった時間にカゴから出しては机に新聞紙を広げ、おかめのセレクトミックスや粟玉を与え、現在は鳥かごの中でも一人でやっと黙々と食べるようになり、机の上に新聞紙を広げることもなくなり、一人餌切り替えに成功しました。

長い戦いでした(笑)

現在、ピイーと呼び鳴きはしますがジャージャー鳴くことはいつの間にかなくなりました。

f:id:shibalog:20190714195629j:plain

口周りについていた挿し餌の汚れもいつの間にかだいぶ落ちて、かわいい姿に♡

現在生後2ヶ月ちょっとで体重は大体87gぐらいなので標準的に成長しております。

まとめ

オカメインコの一人餌切り替えは、セキセイインコのように簡単にはいきません。

デリケートだし体重の変化、温度管理にも気をつかうので大変です!

とにかく根気と愛情が大事です。

時には心を鬼にしなくては中々挿し餌をやめられません。

大変ですがそのかわいらしい姿にとても癒されるオカメインコ(*´ω`)

オカメインコの一人餌切り替え中の方、頑張ってください♪

そしてこれからオカメインコの雛を飼いたいと思っている方は、よくオカメインコのことを調べてから大切に育ててあげてください。

 

www.shibaemon-blog.site

www.shibaemon-blog.site