しばろぐ。

グルメ&美容&旅行などの雑記ブログ。長野県東信のネタ多めです。

ソーダストリームにミドボンで直結充填してみた【裏技】

スポンサーリンク

 

炭酸水好きには欠かせないソーダストリーム!

自宅で簡単に炭酸水が作れるのは嬉しいけど、充填がめんどくさい(^^;

空のシリンダーを家電量販店等に持っていく手間を省きたい!

何か他に方法はないのか…。自宅でなんとか充填できないのか?

調べました!

でも一歩間違えると危険なのであまりおすすめできません。

真似して事故等にあっても当ブログでは責任を負えませんので実践する場合は自己責任でお願いします。

ミドボンと直結アダプターを使って充填してみた

このやり方は多少初期投資がかかりますが、とにかく我が家は炭酸水をよく使うので(^^;

まじで毎日浴びるように炭酸水使ってます。

では、やってみましょかね。

ソーダストリームシリンダー充填に用意するものはこの3つ

ミドボン

通称ミドボンと呼ばれている液化炭酸ガスです。

楽天などでも手に入りますし、近所の酒屋さんや業務用スーパーでも手に入ります。

わりと危険なものなのに簡単に誰でも買えます。

私は近所のタカギ購入しましたが、8800円ほどでした。

高っ!と思うかもしれませんがこれは保証金+中身の代金なので、ミドボンが空になって酒屋さんに持っていくと5000円返金されます。(もしかしたらお店によって返金額は多少違うのかもしれないですけど)

空のミドボンを持っていくお店は購入先と違うところでも大丈夫です。

直結アダプター

直結アダプターはAmazonやメルカリなどで購入できます。

値段は3000円~4000円ぐらいです。

普通にシリンダー交換に行くと1回で2000円ちょっとぐらいなので、このアダプターさえあればミドボン5キロで3800円。

何倍お得なんだろうか。

ただ、ミドボンはデカいので場所をとるので置き場所に困るのがデメリットですかね。

ミドボンの取り扱いには十分注意してください。

モンキーレンチ

普通にその辺に売ってるやつ。

充填方法

まず、充填前にシリンダーを冷凍庫に入れておきます。

私は2時間以上は入れてます。

そのほうがガスがよく入ります。

f:id:shibalog:20190721171425j:plain

↑これが直結アダプターとミドボンを繋いだ状態です。

f:id:shibalog:20190721171320j:plain

購入時のミドボンは緑の蓋がついているので、まず緑の蓋をはずして

f:id:shibalog:20190721171349j:plain

モンキーレンチでしっかり閉めます。

強く締めすぎるとパッキンがちぎれてガス漏れの原因になるし緩くてもガス漏れします。 

とにかくまあまあ強めに締めます。(むずい(;・∀・))

f:id:shibalog:20190721171256j:plain

冷やしておいたソーダストリームシリンダーをアダプターに繋ぎます。

これは手でぎゅっと締めます。

f:id:shibalog:20190721171233j:plain

いよいよ充填。

ミドボンの元栓をそろーっと開けます。

ここポイントです。

一気に元栓を開けても充填されません。

キーンと音が鳴って充填されていきます。

シリンダーを外すときは絶対に先にミドボンの元栓を閉めてから外します。

まとめ

何ヶ月かこの方法で特に問題なくソーダストリーム生活を送っていますが、考えるとソーダストリームにミドボンを連結させるやり方のほうがいいのかなあと思っています。

そっちのほうが安全そう。

こんなフルセットも出てる。

ただ、私の場合飲食店をやっていて自宅用と店用のソーダストリームがありますので、連結させるとなると2台分のキットが必要になってくるのでコストが( ̄▽ ̄;)

自宅だけで使うって方なら直結より連結させたほうが良いかと思われます。

あ、別に勧めてるわけではありません。

こんな方法があるよって話でした。

 

www.shibaemon-blog.site